Welcome

はじめまして。

千葉県柏市で行政書士をしております、川添晴美です。

本日は、お忙しい中、弊事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

   

プロフィール


・千葉県流山市出身

・千葉県立小金高校卒

・立教大学文学部英米文学科卒

 

大学卒業後、大手保険会社に事務員として就職するも、女性であっても男性と対等な立場で働きたいと強く願い、勤務しながら、独学にて法律の勉強を始める。

 

千葉県上級一般行政職試験・国家二種試験に合格。

・8年間、千葉県職員として勤務。

 

その後、夫の海外転勤に伴い、米国(シカゴ・デトロイト・ニューヨーク)にて5年間暮らす。

 

・現在、千葉県行政書士会東葛支部において、活動中

・我孫子市行政書士相談員

・柏市国際交流協会では、外国人のための無料法律・行政相談会の相談担当者

 

プライベートでは一男一女の母で主婦です。



保有資格


  • 行政書士
  • 入国管理局申請取次行政書士
  • 著作権相談員
  • 宅地建物取引士(未登録)
  • ファイナンシャルプランニング技能士
  • TOEIC 815点
  • 中学・高校英語教員免許
  • 終活カウンセラー

趣味


  • 英会話
  • ゴルフ(今の目標はスコア100を切ることです)
  • テニス
  • 手芸(主にトールペイント)
  • 好きな音楽:ドリカム 、  ミスチル(コンサートにもよく行きます)


・千葉県行政書士会東葛支部 

・我孫子市行政書士相談員

・柏市国際交流協会会員(外国人のための法律相談会相談担当者)

・柏商工会議所会員

 

 


行政書士を目指した理由・・

行政書士を目指し、法律の勉強をもう一度始めた理由は、士業ならば定年退職はないし、これから始めても遅くはないかもしれない、と考えたからです。

 

ところが、試験勉強を始めた当初は、本当にいい加減な気持ちで、勉強も気が向いた時にする程度でした。

 

そんな私が真剣に勉強をするようになったのは、2人の子供も成長してきた時に、もう一度自分自身の人生の目標を考え直す必要性を感じたからです。

 

そして、母親業以外にも自分の力を発揮でき、かつ自分自身のこれからの人生の生きがいともなるべき仕事をもう一度、見つけた方がよいのではないか、と真剣に考えるようになりました。

 

子育てをしていた間、社会との繋がりが断絶してしまい、息苦しさも感じていました。

もちろん、子育ては非常に大切な仕事であることは分かっていましたから、母親そして主婦であることに誇りは感じていました。

 

そうした悶々とした日々を送っている最中、長年闘病中であった父が亡くなりました。

 

「人生は自分が考えているよりは、意外に短くあっけないものである」ということをこの時実感しました。

わたしにとっては、父は唯一無二の存在ではありましたが、社会にとっては一人の人間の存在はどんなに小さなものであるのか、と深く考えさせられました。

 

それからは、「人生一度きりなのだから、後悔のないように生きたい!」との思いが強くなり、そして何よりも今後の人生は、しっかりと仕事を通じて社会に貢献しながら生きていきたい!と思うようになりました。

 

その後はその思いを実現するため、行政書士試験合格に向け、懸命に勉強をしました。

 

そのかいあって、試験には合格し、せっかく行政書士の資格を取ったのだから、独立をしてみたいとの夢も広がりました。

 

行政書士になって・・

行政書士になって今思うことは、仕事というのはもちろん収入を得る手段ではありますが、法律に関わることで、ひとのお役に立てるという喜びも同時に感じることができ、行政書士はとても素晴らしい職業であるということです。

 

また、行政書士合格当初は法律の勉強が面白くなってきており、更にもっと勉強して司法書士や弁護士を目指したいと思い、中央大学法科大学院に合格しました。

しかし、同時に行政書士の実務について学ぶうちに、行政書士のできる職域はとても広く、仕事としての可能性もとても大きいことに気づきました。

 

そしてそもそも、わたし自身、争い事が苦手です。訴訟のお手伝いをするというよりは、将来揉めないためにはどうしたらよいのかを提案できる予防法務の専門家である行政書士として、お客様に関わっていきたいと思いました。

 

さらに、これまでの人生で経験した様々なこと、仕事、勉強、結婚、海外生活、子育てなどの経験を通して感じてきたこと全てが、仕事における相談業務に活かされるのではないか、と感じています。

 

これまでの人生で、もちろん成功したことだけではなく、様々な失敗をしたこともあります。

 

ただ、わたし自身はどちらかというと、将来のことを常に考え、こうなるためには、現在出来ることは何なのだろう、と考え、そのとおりに行動してきました。

自分の人生は完全に自分の力だけではコントロールはできませんが、ある程度のリスクマネジメントは出来ると感じています。

 

そして、これからの人生を変えるのは、自分自身の決断であると信じています。

そういった意味で、予防法務というのは、わたしの考えにも共通する部分が多いのです。

 

子育て、夫の海外転勤、親の病気等が重なり、全く外で働くことの出来ない期間がありました。

 

”主婦だった”ということは、ビジネスの世界ではマイナス評価されることがとても多く、自分もその事を積極的には語っていません。

 

現実問題として、多くの子育て後の主婦の再就職が、とても厳しいという現状があります。 

 

今でもなお、女性は仕事を選ぶのか、子育てを選ぶのかの二者択一の人生選択を迫られる方々が多くいます。自分の親が近くに住み、子育てに協力してくれるという幸運な方以外には、子育てをしながらの仕事は、精神的にも肉体的にもとても厳しいものとなるからです。

 

さらに、保育園の数さえ足りていない日本の現状では、女性たちは仕事と子育てを両立することが大変に難しくなります。

 

日本の少子化問題がクローズアップされて久しいですが、やはり子育て後の女性の再就職を支援しない限り、その問題は解決していきません。

 

 

わたしも、企業への再就職が容易であるならば、独立開業できる資格を取るという道を選ぶ必要はなかったでしょう。それほどに、主婦という立場からビジネスの第一線の世界に戻るのは、大変なことです。

 

しかし、主婦だったからこそ分かる家庭内の様々な法的な問題があります。そうした問題に共感できるのは、自分自身の経験があるからこそだとも実感しています。

 

これからも自分らしく生き、仕事もコツコツと持ち前の粘り強さで続けてまいります。

 

そして、少しでも地域社会に貢献できる行政書士を目指して日々努力をしていきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

                      行政書士 川添晴美


かわぞえ行政書士事務所:kawazoe office

電話: 04-7139-1441  

営業時間: 平日  9:00 〜 18:00 (土日は予約のみ)